home

information

biography

discography

photography

live schedule

blog

contact

WHAT'S NEW

★「JAZZ LIFE」誌  隔月掲載中

jazzlife
川嶋哲郎の気ままにジャズ・エチュード
【2017年 8月号 連載第39回】2017.7.14発売
・音楽を演奏することがうまくなるために
・好きだから覚えることと分析して理解すること

★「JAZZ LIFE」誌  7月号  2016.6.14発売

jazzlife
【サックス特集】 美旋律サックス
SAX and The MELODY
川嶋哲郎 = 新作インタヴュー
〜 自らの内面にシンクロする“ 組曲 ”という魂の鎮魂歌 〜


( jazz Life 紹介文より )
川嶋哲郎が、組曲「ソング・オブ・ソウル」をメインにクァルテットによる最新作を完成
本誌臨月掲載「気ままにジャズ・エチュード」も大好評のテナー・サックス奏者、川嶋哲郎が、田窪寛之(p)、安田幸司(b)、長谷川ガク(ds)を擁する自身のレギュラー・クァルテットで、最新作『ソウル・スイート』のレコーディングを敢行した。6月8日にB.J.L(スペースシャワー)からリリースの同アルバムに収録されるのは、組曲「ソング・オブ・ザ・ソウル」を中心に、「サンクス・トゥ・デイズ」「オン・デスティニー」「タイム・フォー・グッドバイ」の書き下ろし、さらには再録音となる「マイ・ソウル・プレリュード〜マイ・ソウル」と川嶋オリジナルが10曲。それに、ペルゴレージの教会音楽から別パート「サルヴェ・レジーナ・オ・クレメンス」が加わった全11曲構成となっている。2枚組のライヴ大作『ラメンテーション』をはさみ、4年ぶりとなるこのオリジナル・アルバムは、彼の数多い作品の仲でも圧倒的な個性、存在感を示す注目の作品と言えるだろう。

★最新アルバム「 SOUL SUITE(ソウル・スイート)」

SOUL SUITE

組曲「 Song of Soul 」を中心に書き下ろした全11曲からなるアルバム
2016年6月8日発売
『 SOUL SUITE(ソウル・スイート) 』
 川嶋哲郎(ts,ss,fl)
 田窪寛之(p)
 安田幸司(b)
 長谷川ガク(ds)

★個人レッスン・グループレッスン 随時開講中

レッスン内容:サックス・フルート・ジャズ理論等
【 グループレッスン 】ヤマハミュージックアベニュー渋谷公園通り
【 基礎練習倶楽部 】大久保 石森管楽器
【 個人レッスン 】新たにプライベートレッスンを開講しました。詳細はこちらへご連絡ください。

★「The sax」誌  vol.68  2014.11.25発売

All about STEVE GROSSMAN
特集1 アーティスト研究:Grossman ライブレポート
竹内直・佐藤達哉・川嶋哲郎・小池修・三木俊雄

★アルバム「 LAMENTATION 〜 Live at Tokyo TUC 〜 」

LAMENTATION

昨年12月20日東京TUCでの、プロデューサー故横田健生氏に捧げる追悼ライヴを収録した、川嶋哲郎クゥアルテット2枚組アルバム
2014年4月23日発売
『 LAMENTATION(ラメンテーション) 〜 Live at Tokyo TUC 〜 』
 川嶋哲郎(ts)
 田窪寛之(p)
 安田幸司(b)
 長谷川ガク(ds)

★「JAZZ JAPAN」誌  vol.45  2014.4.21発売

jazzJapan vpl.45
Up Close and Personal 〜 今最も熱いアーティストに直撃インタヴュー
川嶋哲郎 〜
「 スピリットが共有できている
そんな充実感というか
成果がアルバムには出ていると思います 」

★「JAZZ LIFE」誌  5月号  2014.4.14発売

jazzlife5月号
川嶋哲郎 新作インタヴュー
一音入魂の"同士"を得て動き始めた四重奏第二章

★「祈り」アルバム告知動画

Forcast Music のページに「祈り」詳細情報が掲載されています。
是非ご覧下さい!( 雑誌&WEB掲載一覧&レコ発ツアー2013情報 )

★「SAX&BRASS MAGAZINE」誌 volume29  2013.11.28発売

jazzlife
サックス・マウスピース大研究[メタル編]
ジャズ・テナーの巨匠たちの音色を
現行モデルでシュミレーションする
(解説:川嶋哲郎)

★「SAX&BRASS MAGAZINE」誌 volume27  2013.5.28発売

jazzlife
【特集 サックス・リード大全 2013】
 最新のリード事情がすべて分かる!
 ==太田剣&川嶋哲郎 対談==
 2人のジャズメンが語る リードと音色の深い関係